2010年07月28日

ワイクリフなプレジデント


日本も、オーストラリアも選挙で盛り上がっているが、ボルテージが上がっているのは、どうやらここだけはないようだ。

今年の1月、これまでにない大規模の大地震で大惨事の被害を受けた、アメリカ大陸の最も貧しい国のひとつであるハイチ。そのハイチで今年の年末、11月28日に大統領選挙が行われる。

この経済危機の中、そして、完全に国際的援助に頼らなければならない状況で、今誰がこのハイチの危機を救えるのだろうか?どんな人がハイチに希望を与えられるのか?

そんな矢先に、ハイチ生まれのエンターテイナー、今確かに最も有名であるHaitianと言えば、そう!ワイクリフ・ジーン/Wyclef Jeanと言って良いのではないだろうか?

ただ単に、わたし自身ワイクリフの大ファンで、Preacher's Sonというアルバムが出た時は何度繰り返し聞いたことか。なんだか、振り返るといつも無茶な事をしていたと思うけど、台湾に住んでいた時、言葉の壁や環境、自分自身行き詰っていた、甘酸っぱい時期を思い出し、また懐かしくなった。なんか、台湾の暑さと陽気でハイチなヒップホップのトラックが、なんだか台湾生活を癒してくれていたような気もする。


ローリン・ヒルとのヒップホップグループ、フージーズと聞けば、もうちょっと知っている人
がいるかもしれない。アメリカで大旋風を巻き起こしたミュージシャンである。

その、ワイクリフがなんとNovember,2010のElection a.k.a 選挙になんらかの形で関わってくるのではいかという話が流れているらしい。

2007年よりハイチの大使として、援助を続けているワイクリフ。元々ヒップホップの特徴である、ポリティカルなリリックを書く所も特徴的で、そんな人が何らかの形でこの大統領選に関わってくるのは、どんな形にせよハイチにとっては、明るい話題ではないのだろうか。

ワイクリフ・ジーン 37歳。彼が大統領選に立候補をするには、5年間ハイチに継続して住んでいた事、自分の土地がハイチにある事、そして他の国のCitizen 市民権を取っていないという事を証明しなくてはならない。ワイクリフ自身はそんなつもり(大統領選に出馬する意図)は今の時点ではない。だけど、なんらかの形で若者達にもっと選挙に参加する事を伝えたいという意思もあるそうだ。

スーパースターのワイクリフはハイチの国民からはどのように見えているのか?気になる部分でもある。

さてさて、またまた世の中のムーブメントが、別の国で起こり始めている。

もし、ワイクリフを知らない人やヒップホップ・レゲエ・カリビアンサウンドが好きな人はぜひこの機会にWyclef Jeanをyoutubeとかで見てみてほしい。November と言い、Presidentと言い、キーワードがいっぱいこの選挙には詰まっていると、勝手に思いを広げているわたしの一番好きな曲はGone til

わたしは、ハイチの政治的背景がそこまで分からないので、深い部分まで発言はできないのだが、ファンとして、ワイクリフの If I was presidentという曲が、気になってしまうのだ☆

If I was president ♪ I'd get elected on Friday ♪ assassinated on Saturday, and buried on Sunday ♪♪♪

もし俺がプレジデントだったら~、金曜日に大統領就任して~、土曜日に暗殺され~、日曜日に墓に埋められる~。

念の為に11月28日は日曜日であったので、万が一出馬しても、安心か。。と勝手に想像して勝手に一安心してる次第である。

ともあれ、この曲もじっくりと歌詞聞いていると、こんなにハイチ思いの歌なのかと、心を打たれる音ばかり溢れている。

例えば、歌詞をゲットしたい場合 曲名と lyricsとググれば、すぐに見つかるので、是非興味があったら見てほしい。

例えば、キーワードはこんな感じで⇒ If I was president wyclef lyrics をgoogleしてくれれば、すぐに出てくると思う。他の歌でも一緒なので、英語のリスニングの勉強にもなるし、自分の好きなアーティストの知らなかった一面も見えて、より音楽を楽しめるというものだ。

遠く離れている国とはいえ、日本も国際的支援を行っている国である。大統領選やワイクリフの動向にもちょっと耳を傾けているのもイイんじゃなかろうかと思う、このごろである。

別サイトでもブログ作ってます。プリスベン情報もたくさんなので、良かったら見てください⇒http://yogibrisbane.blogspot.com   


2010年07月24日

よぎーへの道

よぎーへの道は、まだまだ長い。あっという間に2回目のワークショップが日曜日に迫ってきた。

今回のワークショップで学ぶのはMetapysics 、ざっくし、これが何かというと、どうやら、体と心のつながりがどうなっているかを紐解く考え方で、例えばヨガのポーズをやっている時にいつもはバランスが上手く取れるのに、【なかなか上手くバランスが取れない=集中する事ができない】というのは、何か悩み事があったり、困っている事、不安や悲しみなどが自分の気づかない所で起きていて、それをヨガする事で見つけ出す事ができる。確かに、これはすごくその通りの気がするのは、わたしだけだろうか?

邪心があたりすると、どうしてもバランスが取れないし、焦ってやっても重心を定める事ができない。ゆっくりと、呼吸を落ち着けて、自分の重心を見つける。

また、このワークショップでは課題が与えられており、ひとつ自分の好きなポーズをピックアップして、実際にティーチングをするというもの。わたしは、この課題に【ツリーのポーズ】をやることに決めている。



まっすぐ、両足のくるぶしとかかとの骨がくっつくくらいに近づけ、足の指を思いっきり広げる。背骨をしっかりとまっすぐ伸ばし、あごを少しひく、両手の指も広げ、自分の足から根っこが生えて、まっすぐとバランスを取るポーズ、【タダサナ】a.k.a Mountain Pose。足の裏から、ぐぐっと、足の付け根までに走るエネルギーの流れを感じる事ができる。力をめいっぱい入れて、強い筋肉を想像する。この山のポーズ、タダサナは非常に奥が深く難しい。ここからの派生で木のポーズ a.k.a Tree Poseになる。

左足を曲げ、足の裏を右足の付け根に合わせるようにつける。息を吸って、腕をまっすぐと上に上げ、吐く息で (Put your palms in front of your chest or heart. If you feel strong and you can go further, you can do half lotus ,then put your palm in front of chest. Bend your back to the front,down to the earth. feel strong muscle from your left leg and hip muscle.) 両手を胸の前で合わせる。呼吸は止めずにそのまま続けて、体を前に倒し、両手を床につけます。 右足、そして右足の裏の付け根からおしりの筋肉がぐっと伸びてるのを感じ、足からあがってくるエナジーを感じて下さい。だんだんと、体が熱を作り出し、体が温まってきます。

呼吸はそのまま、ゆっくり鼻から吸って、吐いて。呼吸の間隔が一定になるように、吸って、吐いて。呼吸が定まらない場合は、少し無理をしすぎている可能性があるので、足を曲げたり、少し楽ない体勢に戻し、呼吸の動き、肺の動きでゆっくりと筋肉の伸縮を感じるように集中します。

ゆっくり、5呼吸または10呼吸。そして、体を倒している人はあげて。立ったままの人はゆっくりと足を地面につけ、【タダサナ】 マウンテンポーズ、山のポーズに戻します。

そうすると、右足と左足、伸ばした方と伸ばしていない方の足でFeelingの違いを感じるはず。その違いに注意を傾け、逆足も同じに。

【Tadasana】山のポーズをはじめ、【Vrksasana】ツリーポーズ等のバランスを取る、バランシグポーズは特に、集中力が大事。そして、この集中をするバランスポーズは心の不安や悲しみ等、心の中に知らずにたまっている、わだかまりを取り除いて、浄化してくれる役割がある。

呼吸はヨガの中でももっとも大事な要素のひとつ。呼吸を整えるだけで、人は落ち着くし、脳みそに酸素がしっかりと届くので、心も穏やかになるし、冷静になれる。よくよく考えてみれば、ごく当たり前のことで普段の生活の間にも取り入れられているのではないだろうか?ちょっと取り乱したら、まずは深呼吸!とか。これも、呼吸だ。

ブリスベンにいる人もそうでない人も、近くの公園や山にいったり、ビーチにいったり。ちょっと落ち着けるところで、呼吸に意識を傾けて、ゆっくりと吸って・吐いてを繰り返してみてはどうだろうか。きっと、気持ちイイはずなのだ!

↑↑↑今日も読んで頂いてありがとうございます。まだまだ長い、よぎーへの道!応援よろしくです!

別サイトのブログもあります。ブリスベン情報も満載なので、見てみてください。⇒よぎーへの道  


Posted by Kodai at 07:25Comments(0)よぎーへの道

2010年07月22日

あこがれの朝ヨガ

やっぱりヨガをやってる人でも、ヨガしてみたいな、と思って人はみんな、あれやこれやと理想のヨガがあるだろう。

ビーチでやるヨガ、キャンプに行ってやるヨガ。家のバルコニーや裏庭でやるヨガや、朝仕事しに行く前のヨガ!そう、この仕事前の朝ヨガってのは、よぎーやよぎーににとっては、なかなかの憧れだと思う。

そして、ついに堪りかねて、ヨガティーチャートレーニングを受けている、ヨガスクールのすぐ側に引っ越す事に成功したのだ。。。

もちろん、これならば最初の目標は、あこがれの朝ヨガ!しかも、仕事前のです。6時30分から、スタートのヨガクラスでも、ここからなら、5分前に出ても間に合う距離。結局起きたのは6時15分くらいになったけど、起きてすぐに準備をして、ヨガスタジオに向かう。これが、日本だったら、ラジオ体操なんだろうな。

こんな、ぎりぎりで出発しても、間に合うなんて、素敵だ。

朝ヨガは思っていたとおり、体のウォーミングアップがメイン。やはり、早朝はブリスベンとはいえ、冷える。ゆっくりをポーズからポーズへ移行し、ウォリアーとヴィンヤサで、体の中から熱を発生させる。いわゆる、Generate heat from your bodyだ。

しかし、ヨガを終えそれから、暖かい紅茶を飲みながら、ブレックファストを取り、仕事へ向かうなんて、まさに憧れの朝ヨガのルーティーンをフルコースで満喫してきた気もしているのだ。。

別サイトのブログもあります。ブリスベン情報も満載なので、見てみてください。⇒よぎーへの道  


Posted by Kodai at 06:41Comments(0)ヨガトレーニング

2010年07月19日

自転車ヘブン ブリスベン

ブリスベンのバイクレーン、いわゆる自転車専用レーンは、想像してた以上にかなり、素敵で気持ちいい。シティからニューファームにかけてのフローティングブリッジのアイデアも斬新だ!

もちろん、ブリスベンリバー沿いを通る、ブリスベンでいちおしのシティバイクレーンは最高に素晴らしくて、また別の機会に説明を設けたいくらいの景色も良い道なんだけど、その中でもこの前乗った、ハイウェイ沿いを悠々と走る、バイク専用レーン。

ここは、自転車しか通っちゃいけないレーンである、もちろんノーペデストリアン。ここを通れば、IndooroopillyからMt Coo-thaボタニカルガーデンまでは、ひとっとびだ。ハイウェイの端下辺りを通っているので、広くて安全だし、ボタニカルガーデンに入る近くのアンザックパークからの歩道橋は、かなりデザインもお洒落でかっこいいのだ。

このブリスベンの生活は大きく分けると3つの視点に分けられ、全く異なる街に住んでいるのではないかと思う。ひとつは、車を持っている人。マイカーで常に動き、ドアトゥドア。ふたつめは歩行者・パブリックトランスポーテンションの利用者。バス、トレイン、フェリーを利用して移動をする。そして、3つめはプッシュバイカー*1、いわゆるチャリライダーだ。自転車は自転車用マップがあり、自転車専用の道がある。ブリスベンリバーを通り、ハイウェイにコネクトしたり、全く見える景色が異なる。 スケートやローラーブレード、歩行者は歩行者道路とバイクレーンをシェアしあう事が多いので、中間にあてられる。

それぞれの利点や良い面は山ほどあるけど、健康的な生活を選びたいあなたには(笑)バイクへのチャレンジをオススメしたい。体のシェイプアップにもなるし、何せ車や徒歩ではいけない新しい道・視点が、ブリスベンの中に見つかるはずだ。

チャリから見えるブリスベンシティの景色via ブリスベンリバーは、チャリライダーにはおなじみで、ウィリアムジョリィブリッジや夜には赤く光るニッティングニードルブリッジ(友達がこう呼んでるだけだが)、色々な景色を見つけて、リバーブリーズを浴びて癒される。いやぁ、爽やかだ(笑)



ただし、チャリって、聞いて結構、簡単・気楽なイメージでいると、ちょっと痛い目を見るかもしれないので気をつけてほしい。というのも、自動車と同じレーンに入る事になるから、トラフィックに乗らないといけないし、ある程度のスピードも必要になる。時間帯によっては危険だし、その為ヘルメットの着用が義務付けられている。日本とは異なる、交通ルールもあるので、ちょっと最初は頑張って勉強して、チャリを乗りこなしてほしい。

ブリスベンのバイク事情も、驚く事がたくさんで、かなりわくわくしているので、徐々に紹介していきたいと思う。

*1 オーストラリア英語では、自転車のことをpush bikeと呼びます。シティではbikeで自転車として通じるけど、田舎のほうだとpush bikeって言い直させる事が多々あります…。

人気ブログランキングへ  


2010年07月18日

ざ・選挙 2010

さて、ついに痺れを切らした、Labor Party 労働党。ジュリアがelection a.k.a 選挙のアナウンスをしたのは皆さんご存知だろうか?



元々は今年の11月頃に行われる予定だった、フェデラルエレクション。オリジナルのブログに書いていた、7月13日『オーストラリアのざわめきを。』に少し詳しく書いてあるが、ケビン・ラッドからジュリア・ギラートに変わった時点で、すでに選挙の前倒しは決まったいた。わたしがWWOOFでオーガニックファームで働いていた時のファームのマザーは無農薬野菜のガーデンを運営してるだけあって、グリーン党を支持していたが、野党にもほど遠く及ばないので、保守の労働党を支持していた。ジュリアがPrime minister になった時点で、マザーは『あぁ、これから忙しくなるわ』な感じで、少しそわそわしていた。というのは、マザーのエックスハズバンドは政治に携わっているそうで、選挙の際はヘルプをしているとの事だった。

さて、ちょっと話は逸れたが、8月21日に決まった、オーストラリアの選挙!これから、各地で顔写真と政党の名前の入った看板を各地で見る事になるだろう。

オーストラリアでは、実は選挙への参加が義務付けられており、選挙に行かないとFine、いわゆる罰金を取られる。なので、多くの若者達も行くそうだが、実際の所、選挙には興味がなく、投票の際に支持政党を書く必要もないらしいので、かなりの人達がブランクのまま、投票するそうだ。

もし、こんなタイミングにオーストラリアにいるならば、日本人に選挙権がないとは言えど、これをきっかけに政治話にオージーと花を咲かせ、インテリ英会話をしてみるのも良いのではないだろうか?

===============================================
Labor Party リーダーのジュリア・ギラードが上の左の写真。現総理大臣。
                        VS
      Liberal Party リーダーのトニー・アボット、野党党首 右の写真

トニー・アボットは前政権のHealth Minister、ジュリアとは因縁の関係だ。(ジュリアはその当時のShadow Minister of Health) トニーの方が圧倒的に政治家経験は長い。
===============================================

むしろ、ちょこっと勉強すれば、下手な地元のオージー達よりも、選挙に詳しく、タイムリーな話題なので、話の中心間違いなしだ!

各WEBサイトで特集が組まれているぞ ⇒ Election 2010

Electionの発音が苦手な場合 ⇒ エレクションのレをデに近い音で発音してみると通じやすいと思う。舌の先が口の上につくような形。

人気ブログランキングへ

↑↑↑今日も読んで頂いてありがとうございます。ちょっとでも選挙に目を向けてくれた方、これから看板いっぱい見つけてくださいね、ぱちっと応援よろしくです!


別サイトのブログもあります。ブリスベン情報も満載なので、見てみてください。⇒よぎーへの道  


2010年07月15日

ホームレスネス的な。

『ッグイシュー』『ビッグイシュー?』 と、街角でホームレスが売っている雑誌をご存知だろうか?

イギリスで元々発行された、ホームレス支援の為の雑誌で、国によって販売価格は異なるが、その売り上げの半分がホームレスの人達の直接の収入となるのだ。

日本はいくらっだろうか、確か300円くらいだったような気がするが曖昧だ。オーストラリアでの販売価格は$5。つまり、$2.5が直接彼らの収入となる。ホームレスに、働くというい事、労働によりお金を稼ぐ事が出来るのだという事を確かめてもらう、社会復帰の役割も果たしている。この、雑誌なかなか内容がラディカルで個人的には好きなのだが、以外に$5はでかい。

そんな、ホームレスネス的な雑誌BIG ISSUEなのだが、これまたブリスベンのバスストップでこんなアド(広告)を見つけてしまったのだ!

ドン!



まさかの、ビッグイシューの広告、こんなに目立つとこに!どこが、お金を出しているのだろうか、わからないが、なかなか攻めるなBIG ISSUE.。ちょっと余裕が出来たら買ってやろうじゃないかと思わせてくれる。

ホームレス支援に興味があるあなたや、ラディカル・リベラルなエンターテイメント雑誌をお探しのあなた、もしも一度も読んだ事がなかったら、ぜひぜひ、一度はみてみて欲しい。ブリスベンシティ内だったら、大体の街角には立ってるし、東京にもいるし、バンクーバーにもダウンタウン内で見る事ができるぞ!

すいません、ブログ別サイトで構築してるのですが、こっちへの移行の仕方が分からず、困ってる最中です。こっちがオリジナル⇒ http://yogibrisbane.blogspot.com